Japanese / English
インバイロワンシステム株式会社
ものづくり日本大賞内閣総理大臣表彰
ものづくり日本大賞とは、我が国産業・文化を支えてきた
「ものづくり」を継承・発展させるため、ものづくりを支える
人材の意欲を高め、その存在を広く社会に知らしめることを
目的に創設した内閣総理大臣表彰です。

NEWS RELEASE

2016-5-20
2016-5-20
2015-12-29
2015-12-9
2015-10-01

はじめに

我国の社会生活・経済活動を支える道路、橋などの社会基盤は、その多くが 高度経済成長期に造られています。 これらはいずれ寿命を迎え役割を終えます。しかしながら、寿命を迎えた社会基盤を撤去して再構築することは、 財政事情の逼迫した現状では容易なことではありません。
 そこで、社会基盤の長寿命化のための技術開発が求められています。
道路橋などの鋼構造物分野では、長寿命化のために鋼材の腐食を防ぐための塗装を、 高耐久性の防食塗装に変更することが有効です。塗装を変更するためには、 すでに塗られている防食塗膜を除去することが不可欠です。 従来の物理的な力による除去技術では、 防食塗膜に多く含まれている鉛などの有害物質が工事現場周辺に飛散することが避けられず、環境汚染が懸念されます。
 一方、鉛は有害ではありますが、貴重な資源でもあり、再資源化が求められています。 そのため防食塗膜除去技術は、環境汚染の防止や、資源リサイクルが容易なことも重要です。
 このような時代の要請に応じた技術「インバイロワン工法」は経済性、安全性などの点で国、地方公共団体などから高く評価され 、多くの実績があります。
 当社は独立行政法人土木研究所との共同開発特許技術「インバイロワン工法:環境対応・現場塗膜除去技術」の 普及推進および関連技術開発を主な事業目的にしています。また、循環型社会の視点を大切にし、 鋼構造物の防食塗膜除去から発生する「塗膜くず」の再資源化を通し、社会貢献を目指しています。

会社案内

環境対応 現場塗膜除去技術インバイロワン工法
インバイロワン工法作業映像

お問合せ

TEL:03-5643-8661
FAX:03-5643-8662

営業時間

月~金曜日 9:00~17:00

リンク

NETIS
土木研究所