橋梁の塗膜剥離にイノベーションを

Message

インバイロワンシステム株式会社
代表取締役  臼井 明(Akira Usui)

「たった1つの選択で日本は変えられる」

「インバイロワン工法」は2003年から6年間、独立行政法人(現、国立研究開発法人)土木研究所との
共同研究を経て、開発された防食塗膜除去技術です。当時主流のブラスト工法などの機械的な塗膜除去工法の課題である「塗膜ダストの飛散による作業者の健康管理及び周辺環境の保全」を解決できる点で、安全性の高い高級アルコール系の溶剤で塗膜を軟化し除去する技術は新鮮でした。塗膜に含まれる鉛・PCBなどの有害物質を安全に除去・処分ができ、鉛などの価値があるものは資源リサイクルが可能になる点も、大きく期待されました。共同研究が始まってから、特許出願、実大桁実験、設計法確立、公的機関の評定取得、実工事への適用など大変長い道のりを歩んできました。お陰様で土木研究所を始め各行政機関のご協力で多くの施工実績を重ね、様々な知見を得て、安全な施工管理を可能にしています。
弊社の事業目的は、鋼橋など鋼構造物の塗装防食の長寿命化に不可欠な防食塗膜除去技術「インバイロワン工法」の普及推進と関連技術開発です。循環型社会の視点を大切に、社会貢献を目指しています。

MEMBER

私たちは共にインバイロワン工法を広める仲間を募集しています。

ACCESS

都営浅草線・東京メトロ日比谷線 人形町駅A5出口 徒歩2分

PR

書籍販売中!ネット通販各社で購入可能です。

総合法令出版 Amazon 楽天ブックス